複数人で1つの不動産を持分する共有不動産は、共有名義で不動産を所有する形なので、売却となると1人で所有する単独名義よりも複雑で難しくなりがちです。
共有不動産の売却で大切なのは単独名義との違いを理解すること、そして売却に必要なポイントを押さえて把握することです。
共有不動産に似ている区分所有との違いも把握することによって、共有不動産の理解が深まり売却に必要なポイントが見えてくるようになるでしょう。
共有不動産のポイントが分かると売却は決して難しいものではなくなりますが、やり方にも種類があるので、その点を交えて頭に入れることをおすすめします。

共有不動産と区分所有


共有不動産は文字通り、土地や建物などの不動産を共有、つまり複数人で所有することを指します。
所有というのは代表を立てて1人の名義の不動産を複数人で管理する意味ではなく、持分という割合で共有する形となります。
名義人が複数人いる状態で不動産を所有するのが共有不動産で、マンションなどの区分所有とは違います。
区分所有も名義人が複数人いるような状態ですが、所有者が建物の特定の区分を割り当てられる形で所有する点が異なります。
共有部分と専有部分があるのも区分所有の特徴ですし、区分所有で所有している範囲は、個人の判断で売却することが可能です。
その点、共有不動産は1人で売却を決めることはできず、他の名義人の同意も必要です。
区分所有も売却にはルールがありますし、共有不動産と同じく守らなければいけない決まりは存在しますが、専有部分の売却が共有不動産より簡単なのは確かです。
区分所有が分譲マンションの購入に多いのに対し、共有不動産は相続によって発生することが多いです。
遺産相続で兄弟で共有不動産を所有する場合、相続問題と絡んで共有不動産の問題が複雑化したり、売却が余計に難しくなることがあるので注意する必要があります。
ちなみに、土地と建物をそれぞれ違う人が所有する場合は、共有不動産とはいわないです。

共有不動産の売却に必要な条件

共有不動産の売却には、名義人全員の同意が必要不可欠で最低限の条件となります。
これは売却だけでなく譲渡の場合も同様で、名義人のうち誰かが無断、あるいは内緒で手放すことはできないことに注意です。
家族で共有するケースが多い共有不動産は、一見すると話しがまとまりやすく、割りとスムーズに売却できそうなイメージです。
ところが実際には家族の関係が良好であっても、権利が複雑化して売却が難しくなるケースが珍しくないです。
そして共有不動産を切っ掛けに家族間でトラブルが生じ、家族関係が悪化するケースも多々あるといえるでしょう。
共有不動産の売却で問題になりやすいのは、面積の等分割で所有ができず、それ故に売却が難しくなってしまうことです。
同じものをそれぞれ同等の所有なら問題になりにくいとしても、共有不動産は誰がどこまでの所有かという部分が複雑になりがちです。
それと、相続で不動産を共有する場合は所有する範囲の認識が名義人の間で食い違い、話し合いをしようとしても平行線をたどりまとまらない状況を生み出します。
共有不動産の売却は全員の同意が欠かせないので、話し合いの場を設けて意見をまとめることが必要な条件となります。

共有不動産を売却する方法


共有不動産の売却にはいくつかの方法があって、最も簡単なのは名義人全員が同意して売る方法です。
これなら権利関係が複雑になりませんし、分割してから売却といった手間も掛からないので簡単です。
売却における代金や税金については、持分割合に基づいて決まりますから、この点も明確でスムーズに共有不動産が手放せます。
名義人の1人が自分の持分だけ不動産を売却したい、そういう場合は他の名義人に売るのが狙い目です。
他の共有者に対する持分の売却は、共有不動産の所有の割合を変更する形なので、第三者に売却するよりも難易度が低くなります。
共有者が3人以上いる場合は難しくなりますが、2人であれば話し合いがまとまりやすく、どちらか一方がもう一方に売却しやすいです。
共有不動産の売却にはもう1つ、分筆という方法があります。
分筆は敷地の方を分割するやり方で、敷地を分割してそこを単独名義にすることによって、売却しやすくするテクニックです。
共有者の同意を得る必要がなくなるので不動産が扱いやすくなりますが、分筆を納得してもらったり理解を得なくてはいけないのはハードルと言えばハードルです。
分筆には分筆の測量や境界測定といった手間がありますから、それを理解して選択する必要があります。

まとめ

共有不動産は所有者が2人以上で、名義人が複数人いることが売却を難しくしています。
全員の同意が売却における必須条件ですから、関係性が良くなかったり、意見が食い違う状況が発生すると厄介です。
共有不動産は、遺産相続によって発生することが多いので、これもトラブルを招いたり関係の悪化を引き起こす要因になりやすいです。
権利関係が複雑になりがちな共有不動産は、同意して全員で手放したり、誰かが共有する他の人に売るのが比較的簡単だといえます。
分筆という敷地を分割する方法も簡単な方ですから、話がまとまらず一向に売れない場合は、いずれかの方法を検討してみるのが良いでしょう。