共有不動産は自分の持ち分だけでも売却できる

相続したために兄弟で不動産を共有している、夫婦で一緒にマイホームを購入したなどのように、1つの不動産に対して名義人が複数いる不動産のことを共有不動産と呼んでいます。
共有不動産の共有持ち分者になっている場合には、自分1人ではその建物を自由に動かすことができずに、かなり不便になってしまいます。
使っていない共有不動産があれば、賃貸に出したい、もしくは売却したいと思う人もいるかもしれませんが、全員が同意しなければそれは難しくなってしまうのです。
修繕するだけでも他の共有者の持ち分過半数の同意が必要であり、抵当権を設定しお金を借りたいと考えても、他の全員の同意が必要となります。
非常に不便な共有不動産ですが、自分の持ち分だけであれば、単独で売却が可能となっています。
この場合には他の共有者の同意を得る必要もないのです。
自分の持ち分については完全に自分が処分権を持っていることから、他の人の意思に関係なく処分することが可能です。

持ち分だけを売却するのは難しい


自分の持ち分だけを売却する事はできるものの、実は買い手を探すのが難しいのが現状です。
共有不動産の持ち分だけを売却する場合には、いくつかの注意点を知っておかなければなりません。

まずは持ち分だけの購入者を探すのはなかなか困難です。
不便なので売却したいと考える人がいますが、それは買い取った人にも同じようなことが言えるのです。
面倒な共有持ち分だけをわざわざほしいという人はなかなか見つからないのが現状です。
またようやく売却にこぎつけたとしても、かなり買取価格が下がってしまいます。
活用が難しいことから、購入者にとってもメリットはあまりありません。
このデメリットが価格に反映されて、買取価格が低くなるということです。
このような共有持ち分の買取を専門にしている業者があるのも事実ですが、このような業者に依頼した場合には、不当なのではないかと思うほどの安い値段での買取を提案されることもあるほどです。
相場を知らないまま売却に応じると、大きな損につながります。

まとめ

このようなことから、共有不動産の自分の持ち分だけを売却する事は可能である事はわかったものの、なかなか実現に至らないのが実情です。
万が一うまくいったとしても、共有者とトラブルになる恐れも考えられます。
夫婦や親子、兄弟などで共有不動産を所有している場合には、その後の関係が悪化する可能性もあることから、特に自分の持分だけの売却の際には慎重になりましょう。
トラブルを防ぐためにも、日ごろから共有者とできる限りのコミュニケーションを図っておくことが望ましいです。